【ギター購入のすすめ】初心者でもわかる楽器屋でのギターの買い方

楽器屋にたくさんギターが並んでいますが、ギターを買うのはコンビニに入って買いたい商品をもってレジに行くのと大分勝手が違います。最初は楽器屋に入るだけでもちょっと怖気づいてしまうかもしれません。

 

楽器屋に行ってからオロオロしなくてすむように、簡単にギター購入の流れを知っておきましょう。

 


スポンサードリンク

ギター購入の流れ

その① 楽器屋に行く前に

楽器屋に行く前に、欲しいギターの形と予算を考えておきましょう

 

ある程度絞れていないと楽器屋に行っても時間を無駄にしてしまいますし、曖昧すぎると店員さんも困ってしまいます。目星をつけていたギターがピンとこなくても、予算が決まっていればその予算内でこれはどうですか?と店員さんが提案してくれます。

 

その② 楽器屋に着いたら

楽器屋ではギターが何十本もぶら下がっています。良いギターがあったらついつい触りたくなってしまいますが、勝手に触ってはいけません

 

興味があるギターがあった場合には、店員さんに声をかけましょう

 

声をかけたらギターを取ってくれますが、気になるギターが複数あればそれも伝えましょう。その際ギターを買うのが初めてという事も伝えておくとその後のやりとりがスムーズにできます。

 

その② 試奏

ギターやベースでは「試奏」をさせてくれます。スーパー等である試食と同じで、買う前にどんなものかお試しさせてくれるわけです。

 

店員さんがギターを渡してくれ、経験者であればそこで弾き心地や音を確認するのですが、はじめての場合は楽器を渡されてもどうしたらいいものかと困ってしまいます。

 

音が気になる場合には、「自分は弾けないので少し何か弾いてもらってもいいですか?」と言えば店員さんが弾いてくれたり、そのギターがどんな感じか教えてくれたりします。

 

ただし、ネック(左手でおさえるところ)やギターの重さを感じるだけでもギター選びの参考になるので、弾けなくても一度持ってみましょう

 

その③ 試奏後

試奏をさせてもらったら、「ここまでしてもらったんだからどれか買わなきゃ…」と思ってしまいますが、必ず買う必要はありません。

 

触ったものが気に入らなければ「ちょっとこれはピンと来なかったので他のギターを見てみてもいいですか?」と言って別のギターを探すのもいいですし、今日はもういいかなと思ったら「ちょっと考えたいのでまた来ます」といって帰っても大丈夫です。

 

最後に

以上が楽器屋に行ってギターを買う流れになります。

 

試奏時のマナーについてはギター試奏時のマナー、試奏時の細かいポイントは試奏時に注目して欲しい3つのポイントなどで書いていますのでこれらも参考にして下さい。

 

店員さんの動き

最初に店員さんに声をかけてと書きましたが、服屋と同じように店内を見ていたら店員さんから声をかけてくれる事もありますので、その際はしり込みせず積極的に会話しましょう。

 

最近は通販でギターを買う人もいますが、楽器屋なら店員さんからアドバイスを聞けたり、気になる事を質問できたりしますので近くに楽器屋があるのであれば楽器屋での購入をおすすめします。

 

また、買うか決まっていなくてもギターを眺めるだけでも楽しいので時間があるときに楽器屋に行ってみましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ