【おすすめ】ギターに必要な物が一目でわかる初心者セットの内容とは?

ギターをはじめようと思ったとき楽器にしか目が向かないと思いますが、実際にギターをはじめるにはそれ以外に様々な小物が必要になります。

 

それらを一つ一つ調べているとあまりにも多すぎて、面倒だからギターはいいか…となってしまいますが、そんな時に役立つのが初心者セット。

初心者セットを買わないにしても、初心者セットを見れば何が必要かわかります。

 

エドガーが出している初心者セット/パーフェクト12点セット(お値段2万円ちょっと)を例に、ギターに必要なものをみていきましょう。

 


スポンサードリンク

よく知られているもの

本体

2015y02m25d_133149052

引用元:島村楽器

 

初心者セットのギターはストラトかレスポールのどちらかが多いです。

変わった形のギターが欲しい場合には初心者セットは向いていません。

 

アンプ

2015y02m25d_133215666

引用元:島村楽器

 

アンプと言うと大きいものを想像してしまうかもしれませんが、初心者セットのアンプはちっちゃいです。

大きいアンプがあるとカッコいいですが、家だと大きな音が出せないので大体はこんなもの。

ヘッドホンを繋げられるアンプなら夜の練習にも便利なので、ヘッドホン端子がついているか確認するといいでしょう。

 

ケース

2015y02m25d_133312809

引用元:島村楽器

 

ギターの持ち運びや収納に使うケース。

初心者セットだとどうしてもソフトケースと呼ばれるふにゃふにゃのケースになってしまいます。

ソフトケースの場合はコチラも参考に ⇒ ギターを傷から守るソフトケースの使い方

 

細かいアクセサリー

2015y02m25d_133249206

引用元:島村楽器

 

小物類について、それぞれの用途と必要かどうか補足していきます。

 

・弦

言わずもがな絶対必要

初心者セットについていますが、初心者セット購入時に予備の弦も買っておきましょう。

関連記事:初心者におすすめの弦の選び方

 

ピック

弦をはじくための道具。指で弾く人もいますが、基本的には必要

ギタリスト、ベーシストの間では「妖怪ピック隠し」がいると言われるぐらい無くしやすいので紛失に注意。

 

チューナー

ギターの音を正確に保つための道具。絶対必要

 

シールド

ギターとアンプやチューナーを繋ぐためのコード。

最近ではシールドを繋がなくても使えるチューナー(クリップチューナーと呼ばれるもの)がありますが、アンプにつなげる際は必要

カッコよくシールドと呼ぶのにはちゃんと理由がありますが面倒なので省略。

 

・ストラップ

立ってギターを弾くときに使うもの。

家で座ってギターを弾くだけなら無くてもいいですが、軽音楽部に入ったり友達とスタジオに入ったりするならあった方がいい。

 

・クロス

ギター掃除に使う布。

タオルでいいじゃんと思うかもしれませんが、タオルだと傷をつけるおそれがあるのでクロスがあります。

ただし必要かといわればそうでもありません。

 

ペグワインダー

弦を交換する時にペグを回しますが、そのときにこれを使うと簡単に巻けるよという便利グッズ。

便利になるだけなので無くても問題なし、私は使った事はありません。

 

教則本

練習のやり方が載っている教科書。

これがないとギターを買っても何をしていいかわからないので絶対必要

 

ギタースタンド

ちょっと一休みしたいなと思ったときにギターを立て掛けられるもの。

壁に立て掛けてもいいのですが、その場合滑って床にぶつかって傷がつく事があるのであると便利。

ただし、場所をとるし壁に立て掛けるので十分なので私は使っていません。

 

まとめ

長くなりましたがまとめると絶対に必要なのは「ギター、アンプ、ケース、弦、ピック、チューナー、シールド、教則本」。

ただ家であまり大きな音を出せないという場合には、アンプは不要かもしれません。

 

初心者セットを買わない場合には、これらを単品で揃える必要があります。

面倒だったら初心者セットを買ってしまいましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ