【弦の押さえ方】コードを綺麗に鳴らす2つのコツ【指の使い方】

ギターを弾くための効率のいい指の動かし方・押さえ方で左指の使い方についてお話しました。

 

これで効率よくギターを弾く事が出来ますが、これできれいな音が出せるかというとまた別のお話です。

ギターできれいな音を出す、特にコードをしっかりと鳴らすには指の使い方=弦の押さえ方に2つコツがあります。

 


スポンサードリンク

弦を押さえる位置

大事なのが弦を押さえる位置。

フレットの真横(ボディ側)を押さえる事です。

 

【写真作成中】

 

複数の弦を一緒に押さえるコードでは、全ての指をフレットの横につけるのは難しい事もあるでしょう。

そういった場合は仕方がありませんが、基本的にはフレットの真横を押さえる、難しい場合でもなるべくフレットの近くを押さえる事を意識しましょう。

 

何故フレットの真横なのか?

音を出すときに弦を支えているのはフレットです。

 

押さえる位置がフレットから離れてしまうと弦が不安定になり音が揺れてしまいます。

そうならないようにフレットの真横を押さえる必要があります。

 

これはコードに限らず単音を弾く場合も同様です

 

弦の押さえ方

もう1つコードを押さえるときに大事なのが指を立てる

分かりづらいかもしれませんがこんな感じ↓

 

【写真作成中】

*分かりやすくするために大げさに立てています。

 

弦を押さえるときに第一関節が反ってしまっている人がいるので自分の指を確認してみて下さい。

 

なぜ指を立てるのか?

指を寝かしているとその指が他の弦に触れてしまい音が出なくなってしまいます。

コードがしっかり鳴らないという人は、こうなってしまっているケースが多いです。

 

そのため、それぞれの弦をしっかりと鳴らすためにコードを弾く際は指を立てる、また各弦がしっかり音が出る状態になっているか確認するために1つずつ弾いてみましょう。

 

まとめ

フレットの真横(ボディ側)を押さえる

指を立てる

 

これがきれいな音を出すための指の使い方になるので、コードを押さえるときはこの2つを意識して練習しましょう。

 

ただし、「指を立てる」のは場合によってよくない事もありますので柔軟に対応しましょう。

指は立てるのは間違い?きれいな音を出す弦の押さえ方


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ