【シンクロ】スポンジを使ったスプリングのノイズ(共振)対策【フロイド】

シンクロナイズドトレモロやフロイドローズが搭載されているギターを使っている人で、弾いている最中に「ホワァーン」というような不思議な音を聴いたことがある人はいないでしょうか?

 

あまり目立つものではないので聴いたことがないという人もいるかもしれませんが、アームが付いているギターの場合にはこのように意図しない音が出てそれがノイズになってしまいます。余計なノイズはなくした方がいいので、ちょっとギターを改造しましょう。

 


スポンサードリンク

ギターのノイズ

このノイズは共振によるものです。ギターは弾いた弦以外にも振動が伝わりそれが余計な音=ノイズを発生させてしまいます。そのため、ノイズを抑える為に右手や左手を駆使してミュートするのですが、それだけで共振を抑えられないのがアーム付きのギターです。

 

なぜかというと、アーム付きのギターには弦以外にも共振してしまうところがあるから。どこかというと、裏側にあるスプリングです。最初にあげた「ホワァーン」という音はこのスプリングが共振している音になります。

 

そのため、スプリングが共振することによりノイズを防ぐ必要があります。

 

スプリングのノイズ対策

ここで有名なのがスポンジ。適度な大きさのスポンジを用意して、ギターとスプリングの間に挟むことで共振を抑えることができます。誰かは忘れてしまいましたが、プロのギタリストがこのようにしていたということで知りました。

 

実際にやってみたんですが、たしかに共振はなくなります。

ただし、スポンジを入れた分スプリングが盛り上がってしまい、とても不安定に見えます。例えるならピサの斜塔。かといってスポンジの量を減らすと共振を抑えられない。

 

シンクロナイズドトレモロやフロイドローズでもボディにベタ付けの場合はいいかもしれませんが、フローティングさせている場合には安定性を重視したいところ。ということで個人的には精神衛生上よろしくなかったので、結局スポンジを使うのは諦めました。

 

消えたギター用スポンジ

一時期は私が懸念しているようなことにならないように、スプリングの中に入れる細長いスポンジが販売していたのでそれをご紹介しようと思ったのですが、探しても見つからなかったので生産終了してしまったのかもしれません。

 

共振がなくなるのは確かなので、気になっている人は試してみてください。固いスポンジだとギターを傷つけてしまうので、購入時は固さにも注意しましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ