【ネタ】ギターの練習中にありがりな事【初心者】

ギター初心者にありがちな事でギターをはじめたばかりの人にありがちな事を書きましたが、その第二弾です。

 

以前はチューニングにまつわる事でしたが、今回はちょっと演奏に関わる事になります。とはいえ、今回はかなりどうでもいい事なのでさらに気楽に読んでいってください。

 


スポンサードリンク

〇〇〇が…

ギターを弾いている時にありがちなのが、よだれがたれてくる事。

 

こんな事あるわけないと思うかもしれませんが、これが本当にある話なんです!とはいえ女性の場合はないかもしれませんが。

 

例えば、皆さんの回りで普段から口が開いている人はいないでしょうか?大人ではあまりいないと思いますが、小さい子ではたまにいますね。

 

なんだそういう人の事かと安心するのはまだ早いです。普段から口が開いている人がこうなってしまうのは当然ですが、そうでない人でもよだれ事件が起こる可能性はあります。

 

演奏中によだれがたれてしまう人

普段はしっかり口を閉じて生活しているのにゲームをしている時等、何かに集中している時に口があいてしまう人がいます

 

なんでこんな事になるのかはわかりませんが、別の事に集中しているあまり口を閉じている筋肉が緩んできてしまうかもしれません。

 

こういった人はギターを弾いている時にも口が開いてしまうので、そのうちよだれさんが口から「よっ」と顔を出してしまいます。

 

よだれ忍者

やっかいなのは、たれる直前まで全く気づけずに「よだれがたれる!」と気づいたときには手遅れな事。まるで忍者のような早業です。

 

気づいた時には発射直前、飛び込み台がしなっているような状態で止める事ができません。

 

私達にできるのは、落下する彼らを手で受け止め被害を最小限にとどめる事。位置的にギターにかかることは無いと思いますが、万が一ギターにかかったらかなりショックです。

 

最後に

ちょっと汚い話になってしまいましたが、私もこの経験がありますしこういう話はよく聞きます。

 

部活など皆がいるところでは気が張っていて大丈夫でも家で一人で練習している時には気が緩んで口が開いてしまう人もいます。例えよだれがたれなくても口が開いているとかっこ悪いので、自分がそうなっていないか注意してみて下さい。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ