【ギターあるある】ギター初心者にありがちな事【黒歴史】

皆さんギターの練習は順調でしょうか?

 

一人だと他の人がどんな感じでギターを進めてきたのかわからないので、「自分はこんなんだけど大丈夫かな?」や「こんな失敗私だけだろう」と思っている事があるかもしれません。

 

そこで、初心者にありがちな事をまとめてみました。

 


スポンサードリンク

初心者にありがちな事

わりとあるある

チューニングで弦を切ってしまう

弾く前にチューニングをしない

弾いてる最中によだれが出る

せっかく硬くなった指先を切ってしまう

・Fのコード(バレーコード)で挫折する

・Fは出来たのにBのコードで挫折する

かっこよさを優先してストラップを長くして弾けない

・試奏が恥ずかしい&怖い

・Smoke on the Waterのリフは弾けるけどSmoke on the Waterを聞いたことがない

 

ちょっとあるある

・歪み(ひずみ)を歪み(ゆがみ)と言う

・練習するより機材について調べてるほうが楽しい

・ギター雑誌でインタビューは読まずに商品情報だけ読む

・ROLANDのJC(JazzChorus)に文句を付ける

・速弾きばっかり練習してコードが上手く弾けない

・音が悪いのを道具のせいにする

・耳コピは出来ないものだと思ってやらない

 

かなりマニアック

・ヘルツを変えてみる(438Hzや441Hz)

・音の劣化を異常に嫌う

・所有欲に負けて家で鳴らせないアンプを買う

・ちょっとだけネックの上から弾く練習をしてみる

・ライブで強く弾きすぎてフロントピックアップに1弦がひっかかる

 

おまけ

・モト冬樹の上手さに驚く

・28,9歳で死ぬと思っていた

 

最後に

初心者にありがちな事を書こうと思ったら、次から次へと出てきたので思いついた事を全部書いてみました。

 

初心者にありがちな事というかただの私の黒歴史大公開みたいになってしまった気がしないでもないですが、共感する部分がある人もいるんじゃないでしょうか?

 

ギター仲間がいても恥ずかしくて言えないことはあるでしょうし、逆に人がどう思っているのか知る機会は中々ないと思いますので、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ